闇金や街金に手を出す前にクレジットカード現金化を

お金がなくて困った時に、あなたはどうしますか?
真っ先に思い浮かぶ手段として、消費者金融を利用しようと思うかもしれません。
ですが消費者金融で借金したくても、審査に通さなければお金を借りる事が出来ません。
では、消費者金融ではお金を借りれない状況の時にオススメの方法を紹介します。
闇金や街金では絶対借金してはいけない
消費者金融がダメなら、闇金や街金で借金しようと追いつめられている人もいるかもしれません。
しかしどれだけ追いつめられた状況であっても闇金や街金で借金をしては絶対にいけません。
消費者金融は金利の上限などキチンと法律で守られています。
しかし闇金や街金は、法律が通用しない世界です。
金利も暴利な上に、返済時の取り立ても信じられないぐらい暴力的です。
追いつめられた状況の時の方がまだマシだったと思うぐらい地獄を味わう事になるでしょう。
そのため消費者金融で借金できない状況でも、まだ方法はあるので絶対に闇金や街金にだけは手を出さないようにして下さい。
クレジットカード現金化なら審査がない
消費者金融の審査に通さず、借金をする事が出来ない。
そんな状況でも利用可能なのか、クレジットカード現金化です。
クレジットカード現金化は、クレジットカードさえ所有していたら、審査がないため誰でもお金を借りる事が可能です。
しかもクレジットカードのショッピング枠を利用しているため、借金という扱いにもなりません。
あくまでもショッピング枠で買い物をして、その買い物を業者が買取し、買取料金としてお金を銀行に入金するという流れだからです。
ショッピング枠で買い物をして、買取してもらうなんて手間がかかりそう。
そんなふうに思う人もいるかもしれませんが、実際にはネット上で業者が指定した商品を購入しクレジットカードで決済を行い、その確認をすれば、入金されるので、申込みから入金までが早ければ30分もかからず、全く手間はかからずスピーディな対応だと言えます。

クレジットカード現金化の悪質業者の手口と優良業者の選び方

クレジットカード現金化の業者の大半は実店舗を持っていません。
そのため自分の目で直接確かめる事が出来ない状態で、業者を選ぶ必要があります。
クレジットカード現金化の業者の中には、悪質は業者も少なからず存在しています。
そんな中で安全に利用出来る優良な業者を選ぶにはどうしたらいいのでしょうか?
クレジットカード現金化の悪質業者の手口
クレジットカード現金化の悪質業者の手口で最も多いのは、銀行に入金が行われないケースです。
通常クレジットカード現金化とは、業者の指定する商品を購入し、クレジットカードの決済を行います。
この時商品自体には全く価値がなく、利用者は商品が欲しい訳ではなく、現金が欲しくてキャッシュバック付きの商品を決済する訳です。
本来であれば、決済が確認されたら銀行に入金され、後日クレジットカード会社からクレジットカードの請求書が届くという仕組みです。
ですが銀行に入金されなければ、全く欲しくもない価値のない商品を高値で購入したという事実だけが残ってしまいます。
そして入金の有無に関係なくクレジットカード会社から請求書が届いてしまうという訳です。
つまり利用者は、クレジットカード現金化で得るはずのお金を悪質業者に奪われたと言えるでしょう。
お金がなくて困っている人に対して、弱味に付けこみ、さらにお金を奪おうとする行為ですから非常に悪質だと言えるでしょう。
クレジットカード現金化の業者選びについて
そのためクレジットカード現金化は業者選びが重要だと言えます。
選ぶ基準は、口コミや評判を参考にしたり、ランキングや比較サイトを参考にするなど、情報収集を行いましょう。
ですが、ネットの情報が全て正しいという保証はありません。
なので、最終判断は自分自身で確認するようにして下さい。
情報収集によって、ある程度業者の数を絞り込んだら、後は個別にホームページをチェックしましょう。
会社概要や利用規約におかしな点はありませんか?
またどんな質問でも構わないので、利用する前に電話でお問い合わせをしてみて下さい。
そうすれば電話対応によって、その業者がキチンとした業者なのか判断する事が出来ます。

自分で現金化するより業者を利用するほうがおススメ

多くの人が便利に活用しているクレジットカード現金化ですがその方法には2つあり、ひとつが自分自身で行なうもの、もうひとつがクレジットカード現金化の業者を利用するものです。
どちらを選ぶかは人それぞれですが、面倒なく手軽に簡単に現金を手にしたいというなら業者を利用するほうがおススメです。
■還元率はだいたい80パーセント
業者を利用してのクレジットカード現金化の方法ですが、これは業者の指定する品物をクレジットカードで購入してキャッシュバックを受け取るというものです。
いくらキャッシュバックを得られるかは業者によって異なります。
中には「還元率98パーセント!」などと高い還元率を謳う業者もありますが、品物を何百万円も購入しなければならなかったり現金の入金までに日にちを要するといった一定の条件付きがほとんどです。
それらがクリアできるなら非常にお得ですが、一般的には手数料などが差し引かれてだいたい80パーセント程度の還元率になるケースが多いようです。
またあまり高還元率を謳う業者には悪質なところも少なくないので、還元率の高さはクレジットカード現金化の業者を選ぶ大きなポイントではありますが、あまりそれだけにこだわらないほうがいいでしょう。
■自分で行なうのはいろいろと大変
自分で現金化を行なう場合には、クレジットカードのショッピング枠内で買い物をしてその品物を買取業者に売ってお金を作ります。
その際にはなるべく高く買い取ってもらえるもの、たとえばブランドのバッグや金券、商品券などがおススメなのですが、品物を買いに行ったりそれを買取店に持ち込んだりするのは面倒です。
またせっかく買ったのに思うほど高く買い取ってもらえなかったということも珍しくなく、目利きや情報収集に長けていなければ手間と時間のわりにお金が手に入らなかったという事態にもなりかねません。
さらに、個人でクレジットカード現金化を行なっているとカード会社から目を付けられやすく最悪の場合カードの利用停止といった事態になる恐れもあります。
しかし業者を利用するならカード決済を代行する会社を通すのでそういったリスクは少なくなるのもメリットです。

クレジットカード現金化は専門業者を利用しよう

急に現金が必要になった時に便利なのがクレジットカード現金化です。
クレジットカード現金化とは、自分名義のクレジットカードのショッピング枠を現金に換えるというもので、今やサラリーマンをはじめ多くの人がこのシステムを利用しています。
■急な入用、どうしますか?
少しくらいの金額なら銀行に借りるのも面倒ですし、大金なら時間が掛かってしまいます。
でも消費者金融などで借りるのには抵抗があるし闇金などとんでもないと考える人も少なくありません。
そんな場合にクレジットカード現金化が役立つのです。
■自分で現金化する
ショッピング枠現金化の方法には2つの方法があり、ひとつが自分で商品を売買してお金に換えるというもの、もうひとつが現金化業者を利用して現金化するという方法です。
前者なら、ブランドのバッグや最新のゲーム機などを購入してそれをインターネットなどのオークションに出品して売り現金を入手するというもので、いわゆる「転売」という方法です。
ブランドの品は買取業者も多いので現金を手に入れるには向いていますが、ポイントは換金率の高いブランドを購入するという点です。
人気のないブランドではせっかく高いお金を払ったのに換金率が低く思ったような金額で買い取ってもらえなかったというケースもあり得ます。
このように、自分で現金化するにはいろいろな知識やコツ、ノウハウなどが必要となるのでなかなか思ったような結果が得られないことも少なくありません。
■それより業者を利用しよう
その点クレジットカード現金化を行なう業者を利用するのはおススメです。
これは業者からの指示通りにクレジットカードで商品を購入してキャッシュバックを受けるというものです。
この方法なら手間が掛からず、すぐに現金を手に入れることができます。
店舗に出向く必要もありませんし、ほとんどの業者で24時間365日対応してくれます。
また、入金も即日どころか最短で手続きから5分で振り込み完了という業者も少なくありません。
高い還元率も期待できますし、クレジットカードの利用停止のリスクが低いのもメリットです。

クレジットカード現金化にはキャッシュバックと商品買取がある

2つの方法によってクレジットカード現金化を利用することができます。それはキャッシュバックと商品買取になりますが、どちらを選択しても構いません。しかし知っておくことで利便性を高めることもできますので、利用するのであればその中身を理解しておきましょう。
■キャッシュバックは商品が自宅に届く
2つの方法がありますが、そのなかでキャッシュバック方式は、今までクレジットカード現金化においてほとんど占めていました。利用することによって、自宅に価値あるものではない商品が届くようになります。この見返りに現金が指定された口座に振り込まれる方式なっており、受け取ることが必要ですので、面倒と感じることもあるでしょう。この点がキャッシュバックのデメリットと言えます。
■主流になっているのが商品買取
現在クレジットカード現金化において主流の方法となっているのが商品買取です。お金に困っているときに不必要になったゲームや本、CDなどを売って現金にした経験がある人もいるかもしれませんが、そのような方法と認識するとわかりやすいでしょう。主に業者が指定したブランド品をクレジットカードで落とすことによって、換金率によって現金が還元されることになります。一度買い物をすれば、キャッシュバックのように商品が届くこともありませんので、商品買取は簡潔な利用方法と言えるでしょう。
■リスクとしてあるクレジットカードの利用停止
クレジットカード現金化においてもっとも注意しなければならないのは、カードの利用停止になります。どちらかといえば商品買取の方が買い物をする実績が残ることから、クレジットカード発行会社に発覚されるケースが少ないと言えるでしょう。リスク軽減においても商品買取は貢献すると言えます。
■自分の都合によって方法を選ぼう
どちらを選ぶべきといったものではありませんが、自分の都合やリスクなどを算定して、それが合致した業者を選ぶと良いでしょう。利用する業者の現金化の方式をしっかり確認するのを忘れないでください。