クレジットカード現金化にはキャッシュバックと商品買取がある

2つの方法によってクレジットカード現金化を利用することができます。それはキャッシュバックと商品買取になりますが、どちらを選択しても構いません。しかし知っておくことで利便性を高めることもできますので、利用するのであればその中身を理解しておきましょう。
■キャッシュバックは商品が自宅に届く
2つの方法がありますが、そのなかでキャッシュバック方式は、今までクレジットカード現金化においてほとんど占めていました。利用することによって、自宅に価値あるものではない商品が届くようになります。この見返りに現金が指定された口座に振り込まれる方式なっており、受け取ることが必要ですので、面倒と感じることもあるでしょう。この点がキャッシュバックのデメリットと言えます。
■主流になっているのが商品買取
現在クレジットカード現金化において主流の方法となっているのが商品買取です。お金に困っているときに不必要になったゲームや本、CDなどを売って現金にした経験がある人もいるかもしれませんが、そのような方法と認識するとわかりやすいでしょう。主に業者が指定したブランド品をクレジットカードで落とすことによって、換金率によって現金が還元されることになります。一度買い物をすれば、キャッシュバックのように商品が届くこともありませんので、商品買取は簡潔な利用方法と言えるでしょう。
■リスクとしてあるクレジットカードの利用停止
クレジットカード現金化においてもっとも注意しなければならないのは、カードの利用停止になります。どちらかといえば商品買取の方が買い物をする実績が残ることから、クレジットカード発行会社に発覚されるケースが少ないと言えるでしょう。リスク軽減においても商品買取は貢献すると言えます。
■自分の都合によって方法を選ぼう
どちらを選ぶべきといったものではありませんが、自分の都合やリスクなどを算定して、それが合致した業者を選ぶと良いでしょう。利用する業者の現金化の方式をしっかり確認するのを忘れないでください。

関連記事