クレジットカード現金化の悪質業者の手口と優良業者の選び方

クレジットカード現金化の業者の大半は実店舗を持っていません。
そのため自分の目で直接確かめる事が出来ない状態で、業者を選ぶ必要があります。
クレジットカード現金化の業者の中には、悪質は業者も少なからず存在しています。
そんな中で安全に利用出来る優良な業者を選ぶにはどうしたらいいのでしょうか?
クレジットカード現金化の悪質業者の手口
クレジットカード現金化の悪質業者の手口で最も多いのは、銀行に入金が行われないケースです。
通常クレジットカード現金化とは、業者の指定する商品を購入し、クレジットカードの決済を行います。
この時商品自体には全く価値がなく、利用者は商品が欲しい訳ではなく、現金が欲しくてキャッシュバック付きの商品を決済する訳です。
本来であれば、決済が確認されたら銀行に入金され、後日クレジットカード会社からクレジットカードの請求書が届くという仕組みです。
ですが銀行に入金されなければ、全く欲しくもない価値のない商品を高値で購入したという事実だけが残ってしまいます。
そして入金の有無に関係なくクレジットカード会社から請求書が届いてしまうという訳です。
つまり利用者は、クレジットカード現金化で得るはずのお金を悪質業者に奪われたと言えるでしょう。
お金がなくて困っている人に対して、弱味に付けこみ、さらにお金を奪おうとする行為ですから非常に悪質だと言えるでしょう。
クレジットカード現金化の業者選びについて
そのためクレジットカード現金化は業者選びが重要だと言えます。
選ぶ基準は、口コミや評判を参考にしたり、ランキングや比較サイトを参考にするなど、情報収集を行いましょう。
ですが、ネットの情報が全て正しいという保証はありません。
なので、最終判断は自分自身で確認するようにして下さい。
情報収集によって、ある程度業者の数を絞り込んだら、後は個別にホームページをチェックしましょう。
会社概要や利用規約におかしな点はありませんか?
またどんな質問でも構わないので、利用する前に電話でお問い合わせをしてみて下さい。
そうすれば電話対応によって、その業者がキチンとした業者なのか判断する事が出来ます。

関連記事